山形の歴史人物

山形の歴史人物一覧

最上義光
最上氏は清和源氏足利一門斯波氏の族で、延文年間(1536〜60)奥州探題斯波家兼(大崎氏祖)の次男が羽州探題として出羽國村山郡最上郷山形に城を築き、初めて最上を称した。義光はその11代目で、出羽山形藩の初代となる。父の義守は嫡男である義光より次男の義保を溺愛し、家督を相続させようとして義光と対立する。元亀元年(1570)山寺立石寺に祈願状を納め義保打倒を誓った。親子抗争は宿老氏家伊豫守定直の建言で一応和解となり、義光が家督相続し、義保は中野城城主にし、落着と見えたが、天正2年(1574年)両者は...