栃木の歴史人物

栃木の歴史人物一覧

源義重
武家の棟梁となる八幡太郎義家の孫にあたるのが、この義重で、新田氏の始祖になる人物です。弟の義康は足利の始祖になります。父の義國が下野國(現在の栃木県)足利荘を開拓開墾し、この地は弟の義康に渡し、義重とともに上野國新田郡の開拓事業を開始します。がその過程において諸勢力と緊張関係となり、弟の義康の機転で関東を束ねていた義朝・義平父子と提携して、娘を義平の室に入れ、甥の足利義清にも娘を嫁がせています。こうして保元2年(1157)には平家系の藤原忠雅に取り入り、新田荘の立券を勝ち得て、自ら新田荘司と称し...