大阪の歴史人物

大阪の歴史人物一覧

源頼信
頼信は、摂津國多田(現・兵庫県川西市多田)の地に源氏武士団を形成した源満仲の三男として生まれ、河内國石川郡壺井(現在大阪府羽曳野市壺井)を本拠地とする河内源氏の祖となります。兄頼光と同じく摂政関白の藤原道兼に、道兼の死後は藤原道長に仕え、諸国の受領や鎮守府将軍などを歴任しています。河内國に土着して石川郡に壺井荘を拓き、香炉峰の館を建てる。長元4年(1031年)に平忠常の乱を平定し、その後の河内源氏の東國進出の第一歩を記す人物でもあります。武勇に優れていて、平維衡・平致頼・藤原保昌らと「道長四天王...