源義経

源義経

河内源氏の源義朝の九男として生まれ、幼名牛若丸(うしわかまる)と呼ばれていた。
平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられるが、後に奥州平泉へ下り、奥州藤原氏の当主藤原秀衡の庇護を受ける事になる。

兄の頼朝が平氏打倒の為に兵を挙げる(治承・寿永の乱)とそれに馳せ参じ、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦などで独自の戦法を屈指して平氏を滅ぼし、その最大の功労者となったのが義経であった。
その後、頼朝の許可を得ることなく官位を受けたことや、平氏との戦いにおける独断専行によってその怒りを買い、それに対し自立の動きを見せたため、頼朝と対立し朝敵とされた。

全国に捕縛の命が伝わると難を逃れ再び奥州の藤原秀衡を頼ったが秀衡の死後、頼朝の追及を受けた当主藤原泰衡によって攻められ衣川館で自刃し果てた。

 

生誕
平治元年(1159年)
死没
文治5年閏4月30日(1189年6月15日) 享年31
改名
牛若、遮那王、義經、義行、義顕
別名
九郎、判官、廷尉、豫州
戒名
捐館通山源公大居士

平安時代末期の武将 鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟である。仮名は九郎、実名は義經である。

 

私観

恐らく頼朝が義経を排除しようとした考えは、父の義朝が平治の乱において敗死したことによるものと思う。
一族による骨肉の父子、兄弟による争い見ていたのが頼朝であったはず、天下を取った頼朝は戦術に長けている義経には脅威を抱いていたに違いない。

義経にはその気がなくても、当然の事のように思われてしまったのであろう。早く排除したのはこの事からだと私は思う。

源義経関連歴史人物

源義経
平安時代末期の武将 鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟である。仮名は九郎、実名は義經である。