岩手の歴史人物

岩手の歴史人物一覧

源義経
河内源氏の源義朝の九男として生まれ、幼名牛若丸(うしわかまる)と呼ばれていた。平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられるが、後に奥州平泉へ下り、奥州藤原氏の当主藤原秀衡の庇護を受ける事になる。兄の頼朝が平氏打倒の為に兵を挙げる(治承・寿永の乱)とそれに馳せ参じ、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦などで独自の戦法を屈指して平氏を滅ぼし、その最大の功労者となったのが義経であった。その後、頼朝の許可を得ることなく官位を受けたことや、平氏との戦いにおける独断専行によってその怒りを買い、それに対し自立の動...