佐竹昌義

佐竹昌義

佐竹昌義
佐竹氏の始祖とされる人物で、平安時代後期の武将と言われています。

嘉承元年(1106年)の常陸合戦の際には祖父の義光・父の義業、外祖父の大掾重幹とともに下野を地盤とする源義國と戦い、義國の勢力の常陸國への浸透を防いだ。
義國は足利氏・新田氏の祖であり、以降、両氏は下野・上野にそれぞれ勢力基盤を築いている。

昌義は勅を被り、父から継承した久慈郡佐竹郷を中心に勢力を拡張し、旧来から常陸國に土着していた那珂、佐都、太田、小野崎氏などを屈服させ、常陸國奥七郡(那珂、東西佐都、東西久慈、東西多賀などを合わせて奥七郡と言う)の支配をさらに進めた。
この時昌義は久慈郡佐竹郷に住して、佐竹冠者と称した。

また、継室に奥州藤原氏の藤原清衡の娘を娶るなど、隣國の有力者との婚姻も結びその勢力基盤の確立に努めている。
昌義の子のうち長男の忠義は大掾氏を継ぎ、佐竹氏は隆義が継承した。

 

時代
平安時代後期
生誕
承暦5年(1081年)
死没
久安3年(1147年)?
別名
太郎、佐竹冠者
官位
下野守
源左衛門尉義業
吉田太郎清幹の娘(常陸平氏)
兄弟
昌義、山本遠江守義定、行義(進士次郎)
正室
皇嘉門院長官快幹の娘
継室
藤原權大夫清衡の娘
子供
大掾太郎忠義、佐竹皇嘉門院長官義宗、岡田三郎親義、佐竹常陸介隆義、佐竹八條院蔵人昌成(初革島義季か)、国分六郎義弘、娘(吉川経義室) 、義心(僧侶)

 

私観

茨城県の歴史上の人物を揚げると言うと、水戸光圀や徳川慶喜と思い出させますが、やはり佐竹氏は外せないようです。

佐竹昌義関連歴史人物

佐竹昌義
水戸光圀や徳川慶喜と思い出させますが、やはり佐竹氏は外せないようです。