茨城の歴史人物

茨城の歴史人物一覧

佐竹昌義
佐竹昌義佐竹氏の始祖とされる人物で、平安時代後期の武将と言われています。嘉承元年(1106年)の常陸合戦の際には祖父の義光・父の義業、外祖父の大掾重幹とともに下野を地盤とする源義國と戦い、義國の勢力の常陸國への浸透を防いだ。義國は足利氏・新田氏の祖であり、以降、両氏は下野・上野にそれぞれ勢力基盤を築いている。昌義は勅を被り、父から継承した久慈郡佐竹郷を中心に勢力を拡張し、旧来から常陸國に土着していた那珂、佐都、太田、小野崎氏などを屈服させ、常陸國奥七郡(那珂、東西佐都、東西久慈、東西多賀などを合...